ブルークレール化粧水のメリットとデメリット

blue010-20130709

こちらは、ブルークレール無添加化粧品の化粧水
(ローズエステリッチローションN)です。

ブルークレールシリーズの中でも、美容液の次に人気のアイテムになっており、
植物性プラセンタが追加配合され、ダマスクローズの蒸留水も増量されました。

洗顔後ではなく、美容液の後に使用することで、浸透率が良くなります

 

blue025-20130709

 

こちらの化粧水は、お水のように透明で、サラサラしています。ボトルが柔らかいので、出しやすかったです。

ブルガリア産のダマスクローズの蒸留水を使用しているとのことですが、ローズの香りは、そんなに感じられませんでした・・・。

blue024-20130709

 

美容液の後に使用すると、とても浸透するのが早いですが、サラっとしすぎているので、乾燥肌の方は物足りなく感じると思います。

化粧水をつけてしばらくたつと、しっとりひんやりした肌になり、肌触りが気持ちいいです。

 

 

 

化粧水(ローズエステリッチローションN)の主な成分

 

使用感は、お水のようで、美容成分もすくないのでは?と思ってしまいますが、
世界遺産「白神山地」の湧水をベースにしっかり配合されています。

ハリ成分
植物性プラセンタ
EGF
 
潤い・ツヤ成分
アルジルリン・コラーゲン
ヒアルロン酸・エラスチン
潤い・ツヤ成分
セラミド
コメ発酵液
褐藻エキス・トレハロース
 
透明感成分
APPS
(次世代型ビタミンC誘導体)
ビタミンC誘導体

 

blue036-20130709

 

保存料はローズマリー葉エキスを使用

肌に良いとされる他のスキンケアブランドでも多く使用されている成分(コメ発酵液など)も配合されているのに、驚きです。

 

 

 

化粧水(ローズエステリッチローションN)のメリットとデメリット

 

まず、メリットとしては、

 さらっとしていて、ベタベタ感がない。
 すぐに肌に浸透する。
 香りがないに等しいので、使用しやすい。

などが挙げられます。

 

デメリットは、

 さらっとしているので、かさつきがひどい方には、物足りない。
 ローズの香りがあまりしないので、アロマ効果は期待できない。
 150mlで5,250円なので、たっぷり使いたい方にとっては高めのお値段。

などが挙げられます。

 

乾燥肌の方にとっては、使用感、質感ともに物足りないと思います。
ですが、化粧水⇒美容液⇒化粧水の順番でケアしたり、
美容液と化粧水を混ぜて使用したりすることで、しっかり潤います。

 

実際に使用してみて、最初のほうは、いまいち効果を実感できなかったのですが、
トライアルが終わるころには、肌がひきしまり、油浮きも気にならなくなってきました
私のような、脂性肌の方にとっては、大変使用しやすい化粧水なので、
手放せなくなってしまうかもしれません。

 

 次は、軽いつけ心地で、1日中肌が潤うUV下地クリームを体験しました♪