ローズヒップ美容オイルのメリットとデメリット

blue019-20130709

こちらは、ブルークレール無添加化粧品の夜専用美容オイル
(ローズヒップトリートメントオイル)
です。

オイルの中でも、肌にとても良いことで知られているローズヒップ油が主な成分になっています。
ローズヒップ油には、ビタミンCが豊富に含まれていて、酸化しやすいため、
こちらのオイルは夜のみの使用になります。
保湿クリームの後に最後のケアとして使用します。

 

 

blue018-20130709

 

酸化防止のためなのか、1パウチに1カプセルずつ入っています。
ピンクのカプセルがとてもかわいらしく、携帯用にも便利です。
いつでも、新鮮なオイルでケアができることがうれしいですね^^

 

blue030-20130709

 

つまみをひねって、中のオイルを出します。
見た感じよりも、かなりたくさんの量が入っています。

ただ、ゆっくりひねらないと、オイルが飛び出しやすいです。

 

blue031-20130709

 

また、さらっとしていて伸びがとても良いので、
1カプセルで、顔だけではなく、ひざやひじなど、気になる部分にも十分使用することができました

香りは、バラとサンダルウッドがほのかに香る程度で、塗った直後はべたつきますが、翌朝には、肌が柔らかくなります。

 

 

夜専用美容オイル(ローズヒップトリートメントオイル)の主な成分

 

この美容オイルには、オーガニック成分、美肌成分、ビタミン類が多く配合されています。
※( )は配合率です。

透明感を出す成分
ローズヒップ油(50%)
持続型ビタミンC誘導体(3%)
 
潤い成分
ホホバ油・月見草油
アボカド油
ハリ成分
大豆由来セラミド(3%)
スクワラン
 
ツヤ成分
ビタミンA(1%)
ビタミンE(1%)

 

blue033-20130709高価なローズヒップ油が半分も配合されているのは、とても贅沢なオイルです。
その他にも、香りのもととなるオーガニック精油、
ダマスクバラ花油、オレンジ花油、サンダルウッド油が配合されています。

夜の最後のケアとして、香りに癒やされながら、
肌に栄養を与えてくれるたくさんの成分でお手入れできるのがうれしいですね。

 

 

夜専用美容オイル(ローズヒップトリートメントオイル)のメリットとデメリット

 

まず、メリットとしては、

 伸びが良いので少量でも良い。
 オーガニックのほのかな香りでリラクゼーション効果がある。
 翌朝に肌が柔らかくなるなど、即効性がある。

などが挙げられます。

デメリットは、

 1回分の量としては多すぎるので、少量使いの方には無駄になってしまう。
 オイルなので、やはりべたつきがある。
 ビタミンCが酸化してしまうため、夜しか使用できない。

などが挙げられます。

 

オイルが苦手という方の使用は難しいかもしれませんが、
翌朝には、びっくりするくらい肌に質感が良くなるので、
深刻な肌の悩みを抱えている方は、使用されてみても良いかもしれません。

 

実際に10日間使用してみて、(1カプセルを2日に分けて使用しました)
毛穴の凹凸と黒ずみ、顔の赤みに悩んでいたのですが、
肌を修復してくれる作用があるのか、凹凸も全くなくなり、毛穴の黒ずみも薄くなりました。
顔の赤みも消え、ファンデーションも薄付きで良くなりました。

 

脂性肌ということもあり、オイルは苦手で、
初めの2,3日間は、我慢して使用していましたが、
肌がきれいになっていくのがうれしくて、気にならなくなりました。

 

現品の価格については、30カプセルで5,880円と、比較的高価ですが、
毛穴の開きや肌の凹凸、深刻な乾燥肌、年齢肌などの方は、
即効性があるオイルなので、1度お試ししてみるのも良いと思います。