ブルークレール保湿クリームのメリットとデメリット

blue017-20130709

こちらは、ブルークレール無添加化粧品の保湿クリーム
(ローズリバイタルエッセンスクリームS)です。

朝と夜の化粧水の後に使用します。
また、アイクリームやリップバームなど、かさつきやしわが気になるところへの、
部分使いとしても使用できます

この保湿クリームも、無添加にもかかわらず、多くの美肌成分が配合されています。

 

blue015-20130709

 

保湿クリームというと、こってりしているイメージがありますが、とてもさらっとしたゲルのようなクリームです。

オーガニックダマスクバラの上品な香りに癒やされます。

 

blue022-20130709
すごく伸びがよいので、少量でも大丈夫です。

塗った瞬間に肌に浸透していきます。なので、べたつき感はまったく気になりませんでした。

塗ってしばらくすると、しっとりさらさらの肌になりました。

 

 

 

保湿クリーム(ローズリバイタルエッセンスクリームS)の主な成分

 

こちらの保湿クリームには、美肌成分、天然植物成分がふんだんに配合されています。
そして、お水もこだわっていて、世界遺産「白神山地」の湧水が使用されています。

ハリとツヤ成分
セラミド
アルカリゲネス産生多糖体
レシチン
EGF
 
ハリと潤い成分
プラセンタ
コラーゲン
ヒアルロン酸・コンドロイチン
DNA-Na・エラスチン
天然植物成分
大豆エキス
ザクロエキス
セージ
 
透明感成分
ビタミンC誘導体
植物性プラセンタ
オウゴンエキス・カミツレエキス・シソ葉

 

blue034-20130709

 

また、穀物醸造の天然エタノールを使用、保存料はローズマリー葉エキスを使用しているので、敏感肌の方にとっても、安心して使用できると思います。

その他にも、香りのもととなるオーガニック精油、 ダマスクバラ花油が配合されています。

 

 

 

保湿クリーム(ローズリバイタルエッセンスクリームS)のメリットとデメリット

 

まず、メリットとしては、

 伸びが良く、少量でも良い。
 上品なローズの香りに癒やされる。
 べたつかず、すぐに浸透するので、脂性肌でも安心して使用できる。
 アイクリームやリップクリームなどとしても使用できる。

などが挙げられます。

 

デメリットは、

 極度な乾燥肌の方には、さらっとしているので物足りない。
 40gで6,510円と若干高価である。
 無添加のため、6~9月は冷蔵庫で保存しなければならない。

などが挙げられます。

 

さらっとしているので、乾燥肌の方にとっては、使用感や質感は物足りないかもしれませんが、
美容オイルとの併用や、重ね塗りすることが必要です。

 

ですが、実際に使用してみて、
肌のキメが整い、なめらかな肌を手に入れることができました。
毛穴のたるみもキュッと引き締まり、毛穴が目立たなくなりました。

 

こってりしたクリームは、油分でコーティングするようで、
苦手なのですが、このクリームは、本当に使用しやすかったですし、
効果も即効性があり、香りも大変良いので、7アイテムの中では、
一番お気に入りのアイテムになりました。

 

極度の乾燥肌の方にはおすすめできませんが、
毛穴やキメなど、肌表面の悩みを抱えている方にとっては、
一度使用してみる価値はあると思います。

 

 最後は、栄養をたっぷり補給してくれ肌を強くする美容オイルを体験しました♪

 

 

 

 

コメントを残す